アップルがDRMキー発行を停止するとき--ユーザーの楽曲に起 ... | x2sp6j | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

アップルがDRMキー発行を停止するとき--ユーザーの楽曲に起こること:ス ペシャルレポート - CNET Japan

返信
DRMの実装を含む、オンラインストアによるデジタル商品のパブリッシュ、パッケージング、保護の管理を支援しているEntriqの最高執行責任者(COO)、Guy Tennant氏は、著作権保護の制約は当然のことだと述べている。「金を払っただけのものは手に入れた。投資を守るのは、消費者の責任だ。流動的なストアがハードドライブにあるだけなのだから」

 Tennant氏は、冷たい言い方だと思われたくないと言いながらも、デジタル音楽の購入者に対し、CDの所有者はCDを紛失しても店舗に返金を要求したりしないと指摘している。楽曲のCDへのバックアップについては、そうしなければ完全に音楽を失うのだから、音質の劣化であれ受け入れるべきだと述べている。

アップルがDRMキー発行を停止するとき--ユーザーの楽曲に起こること:スペシャルレポート - CNET Japan


なんて冷たい言い方だ。

投稿者 x2sp6j | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: アップルがDRMキー発行を停止するとき--ユーザーの楽曲に起こること:ス ペシャルレポート - CNET Japan

冷たいというより、まちがっているよね

返信

「CDの所有者がCDを紛失しても店舗に返金を要求したりしない」のは、紛失したのが自分の責任だからだよね。

自分でなくしちゃったら、もう一度買うかダビングコピーで我慢するよ。でもキー停止はこっちの落ち度じゃない。

責任の所在をすり替えたコメントだと思うなあ。


でも一方で、「楽曲のCDへのバックアップ」を認めるなら、その手法なんか指定できないんだから - リッピングやキー解除もありって受け止めちゃうよ?

投稿者 8vb4ac | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.